錠剤タイプのニキビ薬?

錠剤タイプのニキビ薬?

 

ニキビ薬というと手に取って幹部に塗るタイプのものをよく想像すると思いますがsれってちょっとめんどくさいんですよね。
手が汚れるからそのあとしっかりとあらわないといけないし、患部がほかのところにつくとそっちに薬がついちゃいます。
なので寝る前とか、足だったらそのあとにズボンをはくときとかかなり困ります。
一度は経験あるんじゃないでしょうか。

 

なのでここでお勧めしたいのが飲み薬パターンの薬。
錠剤になってます。
これなら患部がどうこうという心配もないし、何かに薬がつくということもありません。

 

そんな錠剤タイプのニキビ薬はペアA錠、これだ!

 

値段はちょっと高め

このペアA錠の値段は他のものよりもちょっと高め。
1瓶で1800円ほどするんです。
1つで1000円しないくらいのものが多い塗るタイプとはかなり違いますね。

 

これは塗るタイプとは違い、カrだの内側からにきびを治療していくモノです。
その秘密が老廃物の排出。

 

ニキビというのは古い角質が肌に残り、そこに汚れがたまったりしてできることがおおいです。
特に顔回り、フェイスラインだとおこりやすいです。
その肌状態の改善のために、

 

  1. グルクルノラクトン
  2. 生葉ヨクイニン
  3. Lシステイン
  4. ビタミンB2
  5. ビタミンB6

 

この5つの有効成分で肌状態の改善をしています。

 

使い分けが重要
このペア錠剤は今できているニキビというよりこれからのニキビに効果があるものです。
公式サイトにも書いてあるんですが原因から内側から対策をするのですぐに治療、というわけにはいかないんですね。

 

同じ場所にニキビができるということは原因がいつまでたっても改善されてないということ。
その原因をつぶすことで2度と同じ原因のニキビを作らせないようにしているわけです。
なので今すぐ治すということに関してはちょっと不向きなんですね。

 

この今すぐの治療に向いてるのが塗るタイプの薬です。
だからこの塗るタイプのものとの使い分けがすごい重要なわけなんです。
なんとなくこのペアA錠の使い方はわかったでしょうか?

 

水と一緒に飲むだけなので特に負担もありません。
あなたの今やってるニキビ治療にぜひ取り入れてみてくださいね。